政策

現在、世界は激動の時代を迎えており、日本も、急速に進む少子高齢化、人口減少と地方の過疎化、逼迫する社会保障財源、多発する自然災害、先行き不透明な国際情勢など、様々な課題を抱えています。
日本が確固たる地位を維持・発展させていくためには、国と国民を守る力強い政治の体制を再構築し、これらの国家的課題に立ち向かっていかなければなりません。
経済再生、生涯安心できる社会保障の確立、地方創生、災害に強いふるさと創り、国際社会への貢献と国益を確保する外交。
小里泰弘は、常に「決める。進める。結果を出す。」政治を心がけ、国や郷土の課題に果敢に取り組み、結果を出してきました。
豊富な経験と実績を活かし、揺るがぬ信念で新たな時代を開きます。

小里やすひろ 五つの全力

1.新型コロナウイルス対策を推進しつつ、経済再生を確かなものにします

  • 検査・医療提供体制の充実、感染予防策の支援
  • 中小企業・個人事業主の資金繰り支援、雇用継続支援
  • AI・IoT技術等の活用による生産性の向上
  • 海洋資源、環境・エネルギー、バイオ事業等の新成長分野の育成
  • モノづくり技術の伝承、アジア市場の取り込み

2.生涯安心できる医療・介護・年金・子育て制度を確立し、誰もが活躍できる人生100年社会を創ります

  • 医療・介護・年金・子育て支援制度の安定化
  • 幼児教育無償化の確立、待機児童の解消
  • 私立高等学校、高等教育授業料の実質無償化
  • 保育・介護・福祉現場の処遇改善、職場環境の改善による人材確保
  • 女性に対する就労支援、意識改革による女性活躍の推進
  • 高齢化社会対応型ノウハウ・技術の開発と世界への発信

3.夢と希望の持てる農林漁業の確立、地域資源を活かした観光の推進により、元気な地方を創生します

  • 担い手育成・小規模農家支援、農地整備・スマート農業の推進
  • 六次産業化、農林水産物輸出の推進
  • 鳥獣被害対策・多面的機能支払い・耕作放棄地対策の充実
  • 国産材利用の推進、つくり育てる漁業の推進
  • 地域資源を生かした観光の推進、文化の継承

4.防災体制の確立、交通・物流・通信インフラの整備により、災害からふるさとを守りつつ、暮らしを豊かにします

  • 自然災害の頻発化、激甚化に対応した防災・減災体制の確立
  • 道路、港湾をはじめとする広域交通ネットワークの構築
  • まちづくり支援、企業誘致支援
  • デジタル化、光ファイバー網整備の推進

5.国際社会に貢献しつつ、日本の平和と国益を守ります

  • 日米同盟を基軸とした平和外交の推進
  • 防衛力の強化、戦争抑止力のための安全保障体制の強化
  • 海上保安庁の強化と領土・領海・領空を守る体制の整備
  • 近隣諸国との領土問題の解決