小里 泰弘

活動報告

【活動報告】自民党新総裁に岸田文雄さんが選出されました

投稿日:

昨日、自民党新総裁に岸田文雄さんが選出されました。
今回の総裁選は、バランス良く男女2人ずつ計4人の有力候補による活発な議論が交わされました。
新型コロナ対策、経済再生、社会保障制度、外交・安保などテーマ別に議論を深め、自民党の政策に磨きがかかったと思います。
自民党鹿児島県連によると、投票率は66.1%。党員・党友による投票のあった2018年の総裁選の投票率を7ポイント上回りました。
党員・党友だけでなく、広く国民の皆様に関心を寄せていただいたことを実感しています。

皆様それぞれに応援された候補がおられたと思いますが、私は岸田さんを推させていただきました。
私が事務総長を務める有隣会(谷垣グループ)は、宏池会(現岸田派)の流れを汲み、岸田さんとは長く深いご縁があります。岸田政調会長時に自民党国土交通部会長を務め、岸田さんの政策立案力と遂行力を強く感じました。
今後、「強い日本、優しい社会」を目指し、そのリーダーシップが期待されます。

党員・党友票を広く集めた河野さん、素晴らしい国家観を示された高市さん、新たな視点をもたらした野田さんにも新政権に参加いただき、挙党一致体制で日本を果敢に前に進めていくことを期待します。

なお、折しも昨日は私の誕生日でした。誕生日のお祝いのメッセージとともに、新総裁の誕生を祝うメッセージも多数頂戴しました。ありがとうございました。一通一通大切に読ませていただきます。

自民党は一致結束して政権を支え、盛り上げて参ります。