小里 泰弘

活動報告

【活動報告】地域別国政報告(姶良市)

投稿日:

住宅都市としての側面を持つ姶良地域では、幹線道路の整備を積極的に行ってきました。
姶良市と鹿児島市とを結ぶ国道10号線の渋滞緩和のための4車線化事業(白浜拡幅)は、昨年に比べて今年度は4倍近い予算を確保し、整備を加速しています。
隼人道路(加治木IC~隼人東IC)の4車線化事業も進行中であり、「桜島スマートIC」は、本年3月に完全開通しました。
その他、近年の取り組みとしては、国道10号線 加治木バイパス4車線化・高速道路立体交差化事業があります。

加治木中心地区と帖佐駅前地区では、本年度、まちづくり事業が国の制度を活用して事業化が決定しました。加治木中心地区では「安全安心で、利便性が高く、世代間交流の進むまちづくり」を目指して、地域交流センター・図書館・こども館・市道・広場・緑地等の整備を、帖佐駅前地区では「居心地のよい、歩きたくなるまちづくり」を目指して、駅前広場・歩道・無電柱化等の整備を進めます。

農業面では、国の制度を活用して、上名用水路隧道、大型農業基盤整備、農業用パイプライン整備など、先駆的な事業がモデル的に実施されてきました。

また、防災・減災の観点から、災害の原因となってきた別府川に国の「大規模特定河川事業」を用いて抜本的治水事業を進めています。